30代に入ると、肌の衰えと直面することが多くなります。

20代までは特に何も感じていなかったのに30代に入ってから
なんとなく”あれ?肌がおかしいかも…”と思うようなことが増えてしまうんですね。

どうして、30代にはいると肌の衰えを感じることが
増えてしまうのでしょう?

肌の衰えを感じるのをもっともっと遅らせるには、
何か方法はないものでしょうか?

30代の肌の衰えが怖い!

20代までは、肌には十分な水分量がキープされており、
ちょっとしたダメージを受けたとしても
全く平気だった方が多いと思います。

しかし30代に入ると一気に変わってくるのが肌の水分量やコラーゲン量。

これらは肌になくてはならないものだけど、減少する傾向にあります。

肌表面のケアだったら化粧品を変える
身体の内側からのケアなら食物などで補ってあげる

そうしないとますますコラーゲンや水分量は減少して、結果的に乾燥肌になってしまいます。

また、今まで受けた紫外線や生活習慣もかなり影響して来るから厄介です。

美肌になりたいなら紫外線には極力当たらない方がいいとされています。
しかし、ちょっとだけ…という気持ちで日焼け止めをせず紫外線に当たってしまう。
その繰り返しで真皮が傷つき、はコラーゲンが減少しエラスチンも減少。

そして肌のターンオーバーが遅れるようになり、
深いシワや濃いシミやそばかすが表面化するようになるのです。

その上、コラーゲン減少により保水力も弱くなり
肌が慢性的に乾燥するようになってしまいます。

そして、30代に入ったとは言っても、
この肌の衰えには個人差があり、
30代前半でかなりの衰えを感じてしまう方もいれば、
30代後半でも特に感じない、という方もいます。

これは、もともとの肌質にもありますし、
毎日のスキンケアの方法や生活習慣なども影響しています。

最初から乾燥肌だった方が30代に入ると
より気にかけて保湿重視のスキンケアを行わないと
乾燥肌は進行してしまいます。

今までと同じスキンケアで肌が潤わないと感じた時には、
すぐに化粧品の見直しを考えたり、スキンケア方法を変えたり、
行動に移した方が良いですよ。

さっぱりタイプのものを使っていた方は、
しっとりタイプの化粧品に変えるだけで、
肌は乾燥せずに済むかもしれませんし、
乳液やクリームを違うものに替えるだけでも肌環境が見違えるほどになります。

肌の乾燥を見逃してしまうと、
これから先の自分の肌にかなり影響があるということを
忘れないようにした方が良いです。

乾燥肌は、いろいろな肌トラブルを引き起こす原因となる!

シミ、シワ、たるみといった肌の老化の症状も
もともとはこの乾燥肌を解決しないままでいた結果、
起こってしまうことが多いからです。

水分量やコラーゲン量、肌の潤いのもとのセラミドも
加齢によって減少してしまいますので、
しっかりとスキンケアで補うようにしましょう。

20代の頃は、洗顔後に化粧水だけでも潤いを感じていた方も
30代ではそんなわけにはいかなくなります。

ひと手間かかるな、と思ったとしても、
化粧水の後には乳液やクリームでしっかりと
蓋をして潤いを閉じ込めるようにしなくてはいけません。

30代の肌の衰えを感じないためには、
普段から自分の肌の状態をよくチェックし、
正しいスキンケアを行うように心掛けましょう。