30代になると肌荒れが治らない…と感じている方も
たくさんいると思います。

20代まではわりとすぐに治っていたのに、
30代に入った途端、なかなか治らない…

やはりこれは、加齢が関係しているのでしょうか?

理由は何であれ、肌荒れは治ってもらわないと困りますが、
30代に入ってからの肌荒れも早く治す方法などは
あるものなのでしょうか?

30代の肌荒れが治らない理由と治す方法

20代の頃は、肌荒れが起きても特に気にならず、
気付いたらもう治っていた、という方は多いと思います。

しかし、30代に入ると、治らなくなった、治りにくい、
という方は増えてしまいます。

それは、やはり30代に入ると明らかに肌は老化しますし、
20代よりも水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌になりやすく、
バリア機能も低くなってしまうからです。

今まで受けてきた紫外線のダメージも蓄積しており、
シミなども出来やすくなっていますし、
紫外線のダメージもバリア機能を低下する原因にもなっています。

バリア機能が低下するということは、
肌へのちょっとの刺激でさえも肌荒れにしてしまいます。

30代は誰でも肌の老化を少なからず感じる時であり、
その時にすぐに適切なケアを行わないと、
どんどん肌は元気をなくしていって、
肌荒れが治りにくい肌になってしまうんです。

クレンジングや洗顔の時は、
汚れを落とすことに集中してしまい
強引に汚れを落とそうと肌に摩擦を与えていることはないですか?

摩擦は最も強いダメージを肌に与えてしまい、
結果、肌の表面が傷つきキメが粗くなってしまうため
角質層の水分が情春してしまって、肌の潤いを奪ってしまいます。

20代までは乾燥肌と思っていなかった方も
30代に入ってから乾燥しやすい肌に変化してしまった!という方もいます。

水分量が少ないインナードライが起きてしまうと
肌荒れする原因となってしまい治りにくくなるだけでなく
どんどん悪化していく可能性を秘めています。

30代にもなるとお子さんがいて育児をしている方も多いので、
自分のことに時間を取ることが出来ず、
クレンジングや洗顔を優しくしてあげることが出来ない、
ゆっくりした時間が取れず、保湿もそこそこで終えてしまう・・・
なんてこともあるでしょう。

摩擦が肌にとって絶対によくないもの!と分かった以上
加齢と共に老化の一途を辿る肌のことを考えたら、
丁寧な肌ケアを心がけ、肌をいつも潤して保湿しておく必要があります。

また、生活習慣の乱れも肌荒れが治らない原因になりやすいです。

仕事などが忙しいと睡眠不足になることも多いでしょう。
睡眠不足は肌荒れを起こす大きな原因となります。

他にも肌荒れの原因となるのは

・急激にダイエット
・仕事や人間関係のストレス
・食生活の乱れ
・ホルモンバランスの崩れ

これらが肌に悪影響を与え、肌荒れを起こします。

忙しい日が続いてイライラしている時に、
ふと肌を見ると、肌がボロボロだったりすることって
珍しいことではないですよね。

その肌を見て余計イライラしてしまい、
悪循環になってしまいます。

30代に入ってから肌荒れを早く治すには、
スキンケアを丁寧に行うこと、
生活習慣を見直さなくてはいけません。

クレンジングや洗顔は丁寧に行うようにし、
化粧水や乳液などでしっかりと肌を潤すこと。

20代の頃よりも乾燥しやすくなったと思った方は、
化粧品を見直して保湿をしっかり行うようにします。

生活習慣を整えることはなかなか難しいことですが、
出来るだけ睡眠時間を取るようにし、
趣味などでストレスも発散するようにしましょう。

食生活も見直し、偏食などをしないように
バランス良く食べるように努力してみましょう。

30代は肌荒れが治らない...と思っていたら
以上のようなことを見直してみてくださいね!