30代になったら肌のお手入れは、
20代とは変えなくてはいけないのでしょうか?

若い頃と同じ肌のお手入れでは物足りないし、将来の肌のことを考えても、キッチリ・しっかりケアを行わなくてはいけません。

では、30代の肌のお手入れはどうしたら良いの?

30代の肌のお手入れは、20代よりももっとしっかりと
行わなくてはいけないということは確かなことです。

20代までの若い頃は、ちょっと手を抜いた日があっても
すぐに肌本来が持っている力で回復していた、
ということが多かったと思います。

しかし、30代に入ってからは、
手抜きをした分、悪い影響がしっかりと出てしまう…
という悲しい現実があります。

30代の肌ケアで大事なことは、
まずは保湿です。

もちろん、年代関係なく保湿はとても大事なことで、
ニキビやシワなども保湿不足で出来てしまいます。

保湿がしっかりされていないと乾燥肌になってしまい、
過剰に皮脂が分泌されて毛穴を塞ぎ、
ニキビが出来てしまうということもありますし、
乾燥してカサカサになり、シワがどんどん深くなることもあります。

化粧水で十分潤ったと勘違いすることなく、
しっかりと乳液やクリームなども使用し、
潤いに蓋をして下さい。

30代の肌のお手入れ・インナードライの方

30代に限ったことではありませんが、
インナードライになってしまう方もいます。

インナードライとは、肌の表面は脂っぽくてテカテカになるのに、
実は肌の水分量が少なく、肌の内部では乾燥している状態です。

肌の水分量が少ないために、それをどうにかするために
皮脂をどんどん分泌するため、テカテカになるんですね。

乾燥性脂性肌とも言います。

テカテカになるので、脂性肌と勘違いしている方も多く、
洗顔回数を増やしたり、分泌してくる脂をせっせと取ったりと、
間違ったケアをしてしまう方が多く、余計症状をひどくします。

何度も洗顔するということは避けて、
今までの洗顔方法を見直し、洗浄力が強いもので洗うのはやめて、
すすぐ時も30~35℃くらいのぬるま湯で行います。

肌の水分量が足りないということは、
保湿が完璧ではないということですので、
化粧水でしっかりと保湿し、その後に美容液、乳液などを
馴染ませましょう。

20代まではさっぱりを使っていたという方も
しっとりに替えてみたり、化粧品のタイプなども
見直すことをおすすめします。

化粧水だけで保湿されたと思わずに、乳液やクリームなどで
潤いを閉じ込めるようにしましょう。

30代の肌のお手入れは、自分の未来の肌のことを考えると、
20代よりもさらに保湿に気を付けてみると良いようですね。