40代で肌荒れが治らない…と悩んでいる方は、
想像以上にたくさんいるようですね。

加齢と共に肌のトラブルは増えてきますので、
しっかりと原因を知って、治したいものですね。

赤み肌荒れとニキビの原因と改善方法

40代で肌荒れが治らないという方は、
赤み肌荒れとニキビに悩んでいる方が多いと思います。

まずは、原因を知り、正しい改善方法で
しっかりと治したいですね。

赤み肌荒れは、紫外線を浴びたことによるダメージ、
肌の乾燥によるもの、肌のバリア機能の低下、
間違ったスキンケアなどによって起きてしまいます。

赤みまで帯びてしまっているということは、
結構ひどい状態にありますので、
ヒリヒリと痛かったり、かゆみがあったりすることも
あると思います。

本来ならば、ここまでなる前に紫外線は避けたかったですし、
乾燥肌になる前にしっかりと保湿ケアをしておけば、
赤み肌荒れになることはなかったはずです。

たくさんのダメージを受けてしまったり、
不規則な生活を送っていたりすると、
どうしても肌のバリア機能は低下します。

クレンジングや洗顔は、優しく行うようにし、
肌にダメージを与えないようにします。

汚れを落としたいがために、
しつこく洗ったりすると、必要な皮脂まで奪われて、
肌荒れを起こしてしまうこともあります。

そして、しっかりと紫外線対策を行うようにし、
肌にしっかりと潤いを与えるようにスキンケアをし、
乾燥肌にはならないようにします。

肌がしっかりと保湿された状態でいれば、
肌は健やかなので、肌荒れを起こす心配はありません。

ニキビは、肌の水分と油分のバランスが崩れたことで
出来てしまいます。

食生活、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、
乾燥肌が原因となってニキビは出来やすくなります。

加齢で、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、
取り除けなかった古い角質が毛穴を塞いでしまい、
ニキビになります。

どうして乾燥肌なのに、ニキビが出来るの?
脂性肌の人に出来るのでは?と思う方もいると思いますが、
乾燥肌の方はカサカサの状態になると、
皮脂を補おうとどんどん皮脂が分泌されるようになります。

この皮脂が毛穴を塞いでしまいますので、
結果ニキビとなってしまうんですね。

ニキビの原因は、いろいろとあるのですが、
改善方法として一番大事なことは、
肌の保湿です。

肌が脂っぽいからニキビが出来てしまうと思いこみ、
しつこく洗顔を繰り返す方もいますが、
思春期ニキビとは異なりますので、
逆効果になってしまいます。

優しい洗顔と十分は肌の保湿が、
ニキビ改善方法としては正しい方法です。

40代で肌荒れが治らないと思っている方は、
自分の肌の状態をチェックし、
正しく改善するようにしましょう。