加齢とともに増えていく肌のトラブルですが、「シワ」・「たるみ」・「乾燥」の3つが最も多く、40代に女性を悩ませている原因となっています。

肌の「ハリ」や「弾力」が失われると「エイジングケア」を思い浮かべますが、ハリや弾力が失われている原因は乾燥なので、「保湿」がとても重要となります。

今回は、乾燥の原因と改善方法について紹介していきます。

40代で肌が乾燥する原因について

加齢が原因で肌のターンオーバーが遅れるため、肌表面の「細胞間脂質」の量が減少することによって、肌の水分が蒸発しやすい状態になり肌の乾燥に繋がります。

20代や30代の年齢は回復力が高いため乾燥を気にすることが少なく、スキンケアを疎かにしていてもある程度は肌のダメージは修復されます。

しかし、40代にからは肌質が変わるため、化粧水の吸収が悪くなり浸透するまでに時間が掛かります。

乾燥を放置すると「シワ」ができる原因となっており、肌の水分量の減少や新陳代謝の低下がシワを増やします。

また、紫外線によるダメージの蓄積も肌の乾燥の原因となっています。

紫外線を浴びることで真皮層にあるコラーゲンにダメージを与えるため、コラーゲンが減少することによってシワが目立つようになります。

加齢や紫外線のダメージによって引き起こされる乾燥は、日々のスキンケアで改善することが可能なので、乾燥で頭を抱えている女性は一度スキンケアを見直しましょう。

自宅で出来る乾燥肌の改善について

スキンケアの方法は人によって異なりますが、多くの女性は正しいスキンケアが出来ていないため、十分な保湿効果を得ることができず乾燥に繋がります。

乾燥を改善するポイントは「入浴」・「睡眠」となっており、乾燥に対して高い効果を得ることが可能です。

まず入浴する際は、40度以下の温度のお湯に浸かることがポイントとなっており、40度を超える温度のお湯に浸かると肌の水分が失われていくので、乾燥を悪化させる事になります。

適切な温度は「37度~38度」が理想となり、オススメの入浴時間は「10分~20分」なので意識して入浴しましょう。

入浴後は顔以外にカラダの水分も失われているため、全身の保湿ケアをしっかりとする必要があります。

次に、こたつや電気毛布などは眠気を誘いますが、これらの熱源が肌に触れている状態で睡眠を取ることは乾燥の原因となります。

熱源が触れていると必要以上にカラダが温まるため、発汗しやすく体の水分が失われます。

入浴後は深部体温が上昇しているため、暖房器具を使用しなくても身体が睡眠を取る状態になっているので、質の良い睡眠を取ることが出来ます。

注意点としては、入浴後や就寝前はしっかりと保湿しましょう。

まとめ

今回は自宅で出来る乾燥の改善について紹介しました。

40代になると肌の乾燥に悩みを抱いている女性が多く存在しますが、生活習慣を見直すことで肌の乾燥を改善することが可能なので、意識して取り組みましょう。