加齢とともに増え始める「肌のくすみ」ですが、日々のケアを怠ると一気に目立つようになります。

くすみの原因は紫外線やメラニンの増加が原因となっていますが、くすみにもタイプがあり、それぞれ異なる症状が現れます。

今回は、40代から目立つ肌のくすみの原因と対策方法について紹介して行きますので、肌のくすみで頭を抱えている人は目を通して見るといいでしょう。

透明感が失われる肌のくすみについて

冒頭でも少し触れましたが肌のくすみはタイプがあり、「角質肥厚型」・「乾燥型」・「メラニン型」など、その他にも数種類が存在します。

まず「角質肥厚型」の肌のくすみは、肌のターンオーバーが乱れると起こる症状となっており、角質が溜まることで「肘」や「膝」などが灰色に見えます。

角質がたまることで起こる症状なので、角質を除去することで改善することが出来ます。

次に、「乾燥型」のくすみが40代に最も多く見られる症状となっており、肌にうるおいがなくなると透明感やツヤが失われ、キメが乱れることによってくすみが発生します。

主に、キメの乱れは乾燥が原因となっていることが多いので、日頃のスキンケアを見直して、十分な保湿を肌に与えることが大切となります。

最後に、「メラニン型」のくすみは幅広い年齢層に見られる症状で、主に紫外線が原因と言われています。

紫外線が肌を刺激するとメラニン色素が生成されて、排出されないまま肌に蓄積されることで色素が沈着して肌がくすみます。

正常にターンオーバーが行える環境を作ることでメラニンを排出できるので、日頃のスキンケアに保湿をプラスすることで、肌のくすみの改善に繋がります。

40代の肌のくすみできをつけるポイントは保湿!

40代の肌のトラブルはくすみだけではなく、「シワ」・「シミ」・「ほうれい線」・「たるみ」などがその他にも様々なトラブルが目立ちますが、ほとんどが保湿をしっかりすることで改善できるとされています。

すでに知っている人が多くいますが、保湿を怠ると肌のうるおいが維持できなくなるので、肌を守るバリア機能が正常に働かなくなり、様々な肌のトラブルを引き起こします。

まずはスキンケアの方法や化粧品の見直しをする必要があります。

洗顔後には化粧品や乳液を使用しますが、単体では十分な効果を得ることが難しくなっており、保湿も中途半端な状態になります。

最初に導入美容液を使用することで、化粧水や乳液が肌に浸透しやすい状態になるので、肌の奥まで浸透して高い保湿効果を得ることが可能です。

まとめ

40代が老けて見える肌のくすみの原因は、「加齢」・「乾燥」となっており、加齢や乾燥によって低下した肌機能を正常に近い状態に戻すことが改善策となります。

正常に戻すためには肌にハリや弾力、うるおいを与える必要がありますが、導入美容液と合わせて化粧水を使用することで高い保湿効果を得ることが可能です。

40代で肌のくすみに頭を抱えている人は試してみるといいでしょう。

 

\40代に必要な高保湿美容液/
⇒ビューティーオープナーの口コミと感想