肌の透明感は加齢とともに失われ、透明感が失われるとくすみやすくなり肌の表面がごわつきます。

40代から肌の透明感がなくなり始めますが、日々のスキンケアをしっかり行っていると若々しい肌を保つことが出来ます。

今回は、透明感が失われた肌のお手入れ方法について紹介していきます。

40代で失われていく肌の透明感について

40代になると肌の透明感が失われて、くすみが目立つようになります。

くすみには「ごわつき型」・「血行不良型」・「黄ぐすみ」など、その他にも様々なタイプがあり、それぞれ原因やお手入れの方法が異なります。

まずごわつき肌のくすみは、古い角質が毛穴に詰まることで肌表面がごわついて肌がカサつきやすい状態になります

古い角質は化粧水や美容液の浸透を邪魔するので、肌に十分なうるおいを与えることが出来なくなりくすみに繋がります。

次に、血行不良型のくすみは顔の血色が悪くなるため、人と接した際に不健康な印象を与える可能性があります。

血行不良型のくすみは、運動不足や身体が冷えると血行不良になるため、季節や気温の変化などはあまり関係なく、生活習慣が原因となっているケースが多いです。

最後に、黄ぐすみは糖化によって顔が少し黄色のような色になる現象で、加齢や食生活の乱れが原因と言われています。

糖化が発生する原因はタンパク質と糖の結びつきとなっており、糖化したタンパク質は老廃物に変化して褐色化します。

黄ぐすみは糖化したタンパク質が蓄積されることで現れる症状なので、日々の食生活を見直す必要があります。

40代の肌に透明感を取り戻すためのくすみ改善法

上記では「ごわつき型くすみ」・「血行不良くすみ」・「黄ぐすみ」について紹介しましたが、こちらではこれら3つの改善方法を簡単に紹介していきます。

40代の肌はごわつきやすく、解消するためにはしっかりと洗顔する必要がありますが、日々のクレイジングを怠っている人が多くいます。

メイク落としを1分~2分で済ませて洗い流している女性は非常に多く、この方法ではメイクを落とすは可能ですが古い角質を除去することが出来ません。

また洗浄力が強いものを使用すると必要な角質まで除去するため、しっかりと手間を掛けて洗顔することが最適な改善法となります。

血液はカラダに酸素や栄養を運ぶといった非常に重要な役割りがありますが、血流が悪化すると身体の様々な機能が低下して肌色は透明感を失います。

血流を良くするためには日々のスキンケアが必要となっており、マッサージやストレッチ、半身浴などを行い、代謝を上げることで血流が良くなります。

黄ぐすみは「糖化タンパク質」を生成しないために食生活を見直す必要があります。

抗酸化作用のある美容成分を補うことで黄ぐすみが抑制できるので、透明感が失われた肌にビタミンCやコラーゲンを補うことが大切です。

これらの現象に共通することは「保湿」となっており、保湿効果を十分得ることで解消することが出来ます。

まとめ

40代の肌は透明感が失われるため、様々な肌のトラブルが引き起こされますが、十分な保湿効果を得ることが改善法となっています。

導入美容液を化粧水や乳液の前に使用することで、肌に保湿を与える最適な状態を作ることが出来るため、化粧水が肌の奥深くまで浸透して高い保湿効果を得ることが可能です。

\乾燥しない肌づくりをする高保湿美容液/
>>ビューティーオープナー 若返る効果がヤバい!