敏感肌の方は化粧品を選ぶのがもともと大変ですが、
40代になると肌トラブルがさらに増えてしまったり、
肌の老化が急激に目立つようになるので、
化粧品の見直しを迫られることも多いですよね。

敏感肌の方が40代になったら、
どんな化粧品に変えると良いのか、
調べてみました。

どんなことを基準に選ぶと良いのでしょうか?

40代で敏感肌の方の化粧品

10代、20代の頃は、特に気にしなくても
ハリがあって潤いがあって、
特に肌に悩むことがなかった、という方は
多いと思います。

しかし、30代に入るとだんだん肌トラブルを抱えはじめ、
40代に入った頃には、深刻な悩みにまでなってしまう方も
きっといると思います。

中でも、もともと敏感肌で化粧品を選ぶのにも
いろいろと気を使っていた方は、
さらに違う敏感肌にも良い化粧品を選ぶとしたら
とても大変なことですよね。

40代に入ると、たいていの方の肌は、
水分量やコラーゲン量が急激に減ってしまいます。

そのため、肌は30代と同じ化粧品でケアをしても
肌は乾燥肌になってしまいますし、ハリなどもなくなり、
たるんでしまうことも多いです。

今まで浴びてきた紫外線もたくさん蓄積しているので、
シミやそばかすなども出来やすく、
目立たないようにするにはどうしたら良いのだろう…
と鏡を見る度にため息ばかりついてしまうこともありますね。

40代の敏感肌の方が化粧品を新しく替えるとしたら、
あまりプチプラのものは効果を感じないかもしれません。

先に話した通り、40代になると今までの肌が浴びたダメージが
表面に出てきやすいですし、水分量やコラーゲン量が減少するので、
気休め程度の化粧品では肌は良い状態にはなりません。

水分量をキープするには、セラミド、コラーゲン、
ヒアルロン酸といった成分がたっぷりと入っているもの。

たるみ予防、シワ予防には、ヒアルロン酸。

メラニンを抑制してシミを作らせないようにするには、
ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノン。

このような優秀な成分をたっぷりと肌に補給することで、
肌は健やかな状態になることが出来ます。

これらの成分がいくら豊富に入っていたとしても、
添加物などもたっぷり入っているとしたら、
全く意味がありません。

添加物は肌にはあまり良くありません。

ということから、40代の敏感肌の方が化粧品を選ぶとしたら、
無添加のものにすると良いかもしれません。

肌に余計な添加物が入った化粧品を使ってしまうと、
敏感肌の方は特に影響を受けやすく、
肌荒れを起こしてしまったり、ゴワゴワの肌になってしまうことも
珍しくありません。

合成着色料、香料、石油系界面活性剤などが入っていない
無添加の化粧品を選ぶことにより、敏感肌の40代の方でも、
安心してスキンケアを続けることが出来ます。

40代の敏感肌の方でも、化粧品を正しく選ぶことで
良い状態の肌をキープすることは出来ますよ。