ブースター化粧品を使っている方が増えていますが、
どんな役割があり、肌はどのように変化するのでしょうか?

まだブースター化粧品を使ったことがない方の参考になるように、
いろいろとまとめてみました。

ブースター化粧品の役割

ブースター化粧品は、肌に化粧水を馴染ませる前に付ける
導入美容液などのことを言います。

ブースター化粧品の役割は、肌を柔らかくして、その後に付ける
化粧水や乳液などがさらに肌の奥まで浸透するようにすることです。

今までよりも肌の奥までどんどん化粧水などが浸透すると、
そのアイテムの良い効果をもっと感じることが出来ますし、
肌の調子もかなり良くなります。

どんどん肌に化粧水などが入っていくのを感じるだけで、
ブースター化粧品ってすごいな、と実感しますよ。

ブースター化粧品を使うと…

上で話したように、ブースター化粧品を使うと、
肌が柔らかくなり、今までと同じ化粧水や乳液などを使っても
肌への浸透力の違いに驚きますし、肌の状態がかなり変わります。

乾燥肌に悩んでいる方は、化粧水をたっぷりと肌に付けて、
その後に乳液やクリームなどを馴染ませると思いますが、
馴染ませた後は良くても、時間が経つとやっぱり乾燥する…
と思っているかもしれません。

せっかく乾燥肌を改善しようと思ってスキンケアをしていても
肌の奥に浸透していないので、乾燥肌は改善されないんですね。

このような方は、ブースター化粧品を使うことで、
肌の奥に浸透させることが出来ますので、
本当の意味で肌を潤わせることが出来るようになり、
これを続けていると、乾燥肌を改善することが出来るんです。

なかなか化粧品が肌に浸透しないと感じている方は、
角質層が硬くなってしまっているのかもしれません。

ブースター化粧品は、硬くなった角質層を柔らかくしてくれるので、
どんどん肌に浸透させてくれて、しっかりと保湿することが
出来るようになるんですね。

肌がなかなか良い状態にならない、と思っている方でも、
化粧品を替える前に、ブースター化粧品を取り入れてみるだけで、
肌の状態が良くなったことがわかるかもしれません!

特に、肌の乾燥はバリア機能の低下してしまい、
外的刺激もとても受けやすい状態になってしまいますし、
過剰に皮脂を分泌して、ニキビになったり、毛穴詰まりしたり、
肌トラブルが増えてしまいます。

ブースター化粧品を使うようにして、
化粧水等をしっかりと肌に浸透させて、
潤いのある肌トラブルが起きにくい肌を目指してみましょう!