肌のエイジングケアは一体どんなことをすれば良くて、
何歳くらいからすれば良いのでしょうか?

ある程度の年齢になると、ただのスキンケアでは足りず、
エイジングケアをしなくてはいけない、と言われていますが、
肌のエイジングケアは人によって始める時期もかなり異なります。

肌のエイジングケアとは

肌のエイジングケアとは、自分の肌の衰えを感じ、
これ以上肌の老化を進まないようにするお肌のお手入れのことです。

何歳からしなくてはいけない、というのは決まっておらず、
なんだか急に肌に元気がなくなったな、シワが出来てきたな、
というように、肌の老化に気付いた頃から始めるようです。

なので、始める時期はかなり個人差があります。

もちろん、いくつになっても老化を感じても、
エイジングケアをしない、という方もいますよ。

しかし、肌はどうしても衰えてしまうものなので、
何もしなければどんどん老化は進んでしまうことになります。

肌のエイジングケアとはどんなことをするの?

肌のエイジングケアは、紫外線予防をしたり、
乾燥肌対策をしたり、肌の老化に効果的な成分を化粧水等で
肌に補うといったことをします。

肌が老化してくると、いくら化粧水をなじませても
肌の乾燥を感じるようになります。

このまま乾燥肌を放っておいてしまうと、
いろいろな肌トラブルを起こしてしまうことになるので、
まずは乾燥肌ケアをしないといけません。

若い時と同じ化粧品では足りないと思ったら、
エイジングケア用の化粧品に変えることも大事です。

中には、20代後半から肌の老化を感じる方もいますが、
だいたい30代半ばくらいから肌の老化を感じてきた、
という方が多いです。

ほうれい線が出来てきた、濃いシミが出来てしまった、
肌のハリなどがなくなったという症状を訴える方が
ほとんどです。

肌のエイジングケアでは、肌の保湿を十分にする、ということが
基本中の基本です。

これは、エイジングケアだけに言えることではなく、
どの年代のスキンケアでも言えることですが、
肌の保湿をしっかりと行わないと、美肌を保つことは
出来ないからです。

肌のエイジングケアでは、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が
配合された化粧品などを使って、ケアをすることで、
しっかりと肌の保湿をすることが出来ます。

シミには、ビタミンC誘導体、シワ対策には、レチノール、
抗酸化作用があるのはアスタキサンチンなので、
目的に合わせて配合されている化粧品を選んでみましょう。

スキンケアで肌の外側からのケアも大事ですが、
サプリメントなどを用いて体の中からのエイジングケアも
大事なことです。

コラーゲンやヒアルロン酸といった成分が配合されている
サプリメントなどを摂取することで、
体の中からも必要な成分を補給することが出来て、
肌のエイジングケアをさらに行うことが出来ます。

自分の肌に合わせた化粧品などを選び、
肌の老化に気付いた時からエイジングケアを始めてみましょう。