肌のかさつきで頬が赤くなるし、かゆみもある…
こういった悩みって多くの女性が抱いているんですよね。

しかも肌の毛穴も詰まりやすくなってしまい、黒ずみがある。

どうしてこんなことになっているんだろう…?

肌状態がここまで悪くなると
改善にも時間がかかってしまいます。

肌のかさつきが起きる原因

肌のかさつきが起きてしまう原因は
なぜ起きてしまのか?

結論から言うと、ズバリ”肌のバリア機能の低下”が原因です。

肌は水分量と皮脂量のバランスが整っていると
キメが整っていて良い状態になります。

しかし、極端に水分量が不足したりすることで、
このバランスが崩れてしまい、乾燥肌になります。

乾燥が進み、肌のターンオーバーも正常に行われないと
古い角質などが肌表面に蓄積するため
肌は分厚くなりゴワついてくるのです。

肌の乾燥やターンオーバーの乱れは、
肌のバリア機能を低下させてしまいます。

きちんと保湿された肌で肌のターンオーバーが正常ならば、
肌のバリア機能もしっかりと作用し、
肌のかさつきも予防することが出来るんですね。

肌のかさつきの予防とケア方法

肌のかさつきを改善するため、予防するためのケア方法は
第一に効率的な保湿を行うことです。

肌の潤いがなくて乾燥しているので
鼻の毛穴の汚れがより目立つようになっているし、
毛穴自体が目立つようになります。

毛穴汚れが目立つので必死で洗顔する
 ↓
なかなか毛穴の汚れや黒ずみが落ちない
 ↓
洗浄力が強い洗顔フォームを使ってゴシゴシ洗う
 ↓
摩擦によって肌のキメが乱れてしまう
 ↓
肌の潤いがどんどん奪われてしまう
 ↓
肌が超乾燥する

ただ汚れを落とそうとしているだけなのに
洗浄力が強いものを使う、摩擦を肌に与えるという行為は
肌のことを考えると避けた方が良い方法です。

洗顔をするなら、しっかり泡立てた濃密泡を使って
肌に摩擦を与えないように泡洗顔すること、
そして、あまり時間はかけないようにすることが大切です。

また、洗剤を残さないようにしっかり洗い流して
タオルを肌に押し当てて水分を吸いこませるようにし
肌に摩擦を与えないように拭きます。

その後、化粧水をたっぷり馴染ませます。

肌のかさつきを考えると、コットン自体も刺激になりやすいので、
手で馴染ませる方が良いですね。

肌のかさつきがひどいという方は、
化粧水は数回に分けてしっかりと馴染ませるようにしてください。

手に取った化粧水を優しく顔を包み込むように、
しっかりと馴染ませます。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合された
低刺激タイプの化粧水を選んで使うようにすると
敏感な肌の方も安心して使えます。

化粧水をしっかりと馴染ませた後は
乳液やクリームなど油分の多いスキンケア用品で
肌から水分が蒸発しないように蓋をしてあげます。

乳液やクリームを馴染ませ、潤いを閉じ込めます。

また、保湿が持続しにくい皮膚が薄くて繊細な部分…
例えば、口元や目元などの気になる場所は重ね付けをしましょう。

毎日のスキンケアで、肌の中まで保水出来て保湿されていれば
角質層の水分量がアップしてキメが整います。
結果、肌のバリア機能もアップし肌のかさつきも落ち着いてきて
肌荒れ知らずの健康な肌環境を持続することができます。

肌のかさつきを予防するためにも
また、美肌をキープするためにも
肌の老化を食い止めるためにも

自宅での保湿ケアは最重要と考えて
毎日手間をかけてコツコツとケアしてあげてください。