肌のハリがないことで年齢より老けて見られるし、
疲れた顔に見えてしまいます。

これって女性にとってメリットなしです。

だから女性たちはハリを取り戻すために必死になる。

シミと違ってメイクで隠せないので
肌のハリがなくなってシワが出てくると厄介ですからね。

どうして肌のハリがない状態になってしまうのか、
その原因と取り戻す方法を調べてみました。

調査結果は次の通りです。

肌のハリがない状態になる原因

まずは、肌にハリがない状態になってしまう原因を
最初に知っておくことにしましょう。

・肌の真皮の衰え
加齢などが原因で肌の真皮は衰えます。

・皮下脂肪の衰え
皮下脂肪が衰えるとたるみが生じてしまいます。

・表情筋の衰え
加齢などが原因で衰え、リンパの流れも悪くなります。

・紫外線のダメージ
紫外線を浴び過ぎると、光老化してしまいます。

・肌の乾燥
肌の乾燥はいろいろな肌トラブルを引き起こします。

・その他
ストレスを過剰に感じたり、喫煙、激しい運動も原因になります。

 

肌のハリがないと見た目はどうなる?肌の奥では何が起こってる?

肌のハリがないと、まるで肌はしぼんだ風船のようです。

皮膚は垂れ下がるし、ほうれい線も目立ってきます。
ほうれい線は徐々に形状記憶され深く刻まれるので早めの対処が必須。

目の周りやフェイスラインもたるんでしまいますので、
顔全体がはっきりしなくなり、老けて見えるようになります。

ほうれい線だけでなく、小じわも増えやすくなり、
付かれた表情にも見えるようになるので、
良いことはありません。

肌の内部ではどんなことが起きているのでしょうか?

肌の真皮は、繊維芽細胞というものの働きが重要ですが、
肌のハリがなくなるということは、
この繊維芽細胞が衰えてしまっているということです。

繊維芽細胞が衰えるということは、
コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが
生成出来なくなってしまいますので、必然的に減少し、
肌のハリがない状態になってしまいます。

若々しいお肌に必須のコラーゲンなどが減少してしまうのは、
想像するだけでも恐ろしいですよね。

肌にハリを取り戻すためには

肌にハリがない状態から、肌にハリを取り戻すには、
いろいろと努力しなくてはいけません。

基本的なことを言えば、肌はいつも清潔にし、
紫外線対策をしっかりし、保湿も怠らないことです。

夜は、メイクを落とし一日の肌の汚れを洗顔で落としますが、
面倒だからと手抜きしてはいけません。

肌が汚いまま就寝すると肌は酸化してしまい、
特に毛穴の汚れは詰まり肌トラブルを起こしまう。

ここも肌のハリがなくなる原因にもつながっています。

とは言え、クレンジング剤や洗顔フォームなどは
洗浄力が強いものが良いわけでもありません。

洗浄力が強すぎると必要な皮脂までも奪ってしまいます。
そうなると肌バリア機能が低下して
肌の奥に紫外線が到達しコラーゲンを破壊してしまう。

肌は乾燥しやすくハリもなくなります。

紫外線は、冬でもしっかりと降り注いでいます。

夏ほどではないのですが、
紫外線対策をしていないと
肌は紫外線のダメージを直接受け続けてしまいます。

どの季節でもちょっとの外出でも
毎日紫外線対策を行うことをおすすめします。

毎朝、日焼け止めを塗ることを
習慣にしていると良いですね。

肌の保湿は、スキンケアの基本です。

しっかりと保湿されている肌は、
ハリもしっかりとありますし、
肌トラブルが起きにくいんです。

毎日のスキンケアで、しっかりと保湿していると思っても
多くの方は十分に保湿されていないことが多いです。

化粧水で水分を与えて、それをしっかり保持し、
肌から蒸発しないようにしないといけません。

セラミド、ヒアルロン酸、スクワランなどが配合されている
化粧品を使ってスキンケアをすると、
保湿された肌を手に入れることが出来ますよ。

肌のハリがない、と自分で気付いた時は、
もう手遅れかもしれない…と諦める方もいるかもしれませんが、
これからでも十分ハリを取り戻すことは出来ます。

これまでの自分の生活やスキンケアを振り返り、
サイド正しいケアを始めることで、
ピンっとしたハリがある肌を再び手に入れることが出来るはずです!