顔に出来てしまうととても気になるほうれい線ですが、
このほうれい線は美顔器では治せるのでしょうか?

美顔器は、最近では家庭でもよく使われていますが、
ほうれい線には効果的なのかどうなのか、
調べてみようと思います。

ほうれい線が出来る原因

ほうれい線は、左右にくっきりと出てしまうと
とても目立ってしまい、年齢を感じさせますよね?

20代くらいから悩まされる方もいますが、
まだ20代から30代にできたほうれい線は、
浅いことが多く、まだ改善出来ます。

しかし、30代後半から出来てしまうほうれい線は、
深いほうれい線になることが多く、
簡単には改善することが難しくなります。

若い時のほうれい線の原因は、
乾燥肌が原因となっていることがほとんどです。

これは、乾燥肌を改善することでほうれい線もなくせますが、
加齢で出来てしまった深いほうれい線は、
乾燥肌を改善したくらいで消せるものではありません。

加齢で出来たほうれい線は、肌のたるみが主な原因です。

若い時から受けた紫外線ダメージや、
肌の酸化などが原因となり、
肌を支えていたエラスチンやコラーゲンは減少します。

そうすると、真皮はすっかり薄くなってしまい、
肌から弾力やハリがなくなってしまいます。

おまけに加齢で表情筋も衰えてしまいますので、
顔は、全体的にたるんでしまうんです。

ほうれい線は、とても年齢を感じさせてしまいますし、
くたびれたようにも見せてしまいますので、
良いことはありません。

ほうれい線は美顔器でどうにかなる?

美顔器には、超音波美顔器、スチーム美顔器、イオン導入美顔器、
EMS美顔器、美顔ローラー、レーザー美顔器などがあり、
肌の悩みによって使い分けます。

美顔器は、エステや家庭で使うことが出来るものですが、
医療機器とは異なり、美顔器を使うことで、
完全に肌悩みを治すことが出来る、と言うことは出来ません。

あくまでも、予防や改善に期待出来るものです。

エイジングケアにも効果があると言われているので、
美肌を目指している方は、自宅で美顔器を使用すると
良いようです。

若い時に出来るほうれい線は、乾燥肌が原因と話しましたが、
この場合に効果があるとされるのは、
スチーム美顔器やイオン導入美顔器です。

スチーム美顔器は、毛穴を開いてくれますが、
使用した後にしっかりと保湿をしないと、
乾燥肌がひどくなってしまいますので、気を付けましょう。

イオン導入美顔器では、化粧水を肌の奥にしっかりと
浸透させる効果があります。

エイジングケア効果がある成分配合の化粧水を使用すると、
肌の奥から効果を発揮しますので、効果的です。

イオン導入美顔器は、加齢が原因のほうれい線にも
期待することが出来ます。

EMS美顔器は、筋肉を刺激して収縮させる低周波を使い、
顔に作用するタイプのものです。

繊維芽細胞を活発にする働きもあるので、
コラーゲン生成作用もあります。

そして、表情筋にも働きかけてくれますので、
たるみ改善効果があります。

このことから、ほうれい線を予防するという意味では
効果があると言えます。


翌朝の顔が変わるレベル!?

>>美顔器とコラボで翌朝の顔が変わるレベルで若返る使い方

美顔器の中で一番身近なものと言えるのが、
美顔ローラーです。

とても安価なものからちょっと高価なものまでありますので、
家に一つはある、という方が多いかもしれません。

この美顔ローラーで顔をころころすると、
表情筋を刺激して良い影響を与えるということは出来ます。

しかし、むやみやたらに使っていると、
ただの摩擦となり、肌の黒ずみになってしまうこともあるので、
注意が必要です。

ほうれい線を改善するのに美顔器は良い方法ではありますが、
ほうれい線が全くない時の状態まで戻すことは、
美顔器だけでは難しいようですね。

上手に美顔器を使い、ほうれい線の予防に努めてみましょう。