カサカサ肌を治すには、自宅で何か出来ることはあるのでしょうか?

皮膚科へ行くべき?

面倒だから自分で何とかしたいというのが本心です。

カサカサ肌は、肌がとてもデリケートな状態になっているので他に肌トラブルを生んでしまうことも多く、厄介です。

出来れば迅速に改善したいものです。

状態が悪化すると粉をふいたりしてしまい、ケアだけでなくメイクも大変になってしまいます。
メイクしても全く肌にのらない、時間の経過と共に皮剥けも目立ち始める・・・

結果的にキレイになるためにやっているのに見た目が悪くなるという悪循環が生じます。

自宅で何とかケアして早めに治したいというのが女性共通の悩みではないでしょうか。

では、何が出来るのか?お伝えしていきます!

カサカサ肌を治すには…自宅で出来る事

カサカサ肌を治すには、毎日のスキンケアを正しく行うことが基本です。

まず、夜は絶対に省いてはいけない行動「クレンジング」

朝にしたメイクを綺麗に落としてあげることが最重要となります。

濃い目のメイクもしっかりと落とさなくてはいけないですが、必死に落とそうとして刺激を与えてしまってはいけません。
優しくクレンジングしてあげてくださいね。

また、毎日メイク落としシートを使って落としている方もいらっしゃるでしょう。
忙しいとついつい使ってしまうこの方法は、肌に摩擦を起こしダメージを与えてしまいます。

以上の事を踏まえると、ミルクタイプかクリームタイプのものを使い、優しく出来るだけ手早く落とすようにしましょう。

オイルもよく落ちるとは思いますが、人によっては合わない可能性もあり肌に刺激を与えることがあります。

自分の肌に合ったクレンジングを選んで優しく手早く汚れを落としてください。

洗顔は、必ず泡洗顔を行います。

良く泡立てて優しく丁寧に洗います。

(※泡立てネットを使うと便利です♪)

朝は、洗顔フォームを使わなくても良いので、丁寧にぬるま湯で洗い流して最後は水で引き締めましょう!

洗顔後は、すぐに化粧水を馴染ませていきます。
手のひらのぬくもりでしっかり奥まで浸透させて肌を潤します。

洗顔から保湿まで時間が経ってしまうと肌はどんどん乾燥するので、すぐに化粧水を馴染ませなくてはいけません。

コットンでパタパタと叩いて付けるのは刺激になってしまいますので避けてください。
手のぬくもりで馴染ませるようにします。

最後に優しく顔を包み込むようにします。

使う化粧水は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった高保湿成分が入っているものを選ぶともっと効果的です。

特にセラミド配合のものは潤いを生まれさせてくれるのでおすすめです。

肌の表面だけでなく、肌の奥深くまでしっかりと浸透して化粧水を使っていると肌のカサカサはどんどん改善されてきます。

化粧水の後は、クリームや乳液などを馴染ませますが、口元や目元など乾燥が特に気になる部分は重ね付けをおすすめします。

カサカサ肌を治すには、外側からのケアだけでなく食生活も気を付けましょう。

ビタミンAのうなぎ、モロヘイヤ、ビタミンB群の赤身肉、納豆、ビタミンEのたらこ、アーモンド、ビタミンCのブロッコリー、パプリカ、タンパク質の肉、魚などを
毎日バランス良く食べるようにします。

難しい・・・という方は、サプリメントや医薬品で代用してもOKです。
足りないビタミンは補助食品を使っている方も多くいます。

生活習慣だと、睡眠不足やストレスを溜め込むのも良くないので注意してください。

カサカサ肌の原因へと繋がってしまうのでなるべく質の良い睡眠時間を設けるようにし、
お休みの時は、好きなことをしてストレス発散するようにしましょう。

カサカサ肌を治すには、自宅で行えることがたくさんあります。
諦めるのではなく、自分の出来ることから取り入れて始めて行きましょう!

美は一日にしてならずというように、積み重ねが美肌にもなるし老化の原因にもなります。