目元のシワにはアイクリームがあるように、専用のものを使った方がいいとされています。

ただ、目元だけにしか使えないアイクリームは、コスパ的に考えるともったいない気がしませんか?

「目元のシワのためにアイクリームを使う」
という方法よりも、出来れば肌全体に使えるものでケアが出来れば経済的にも助かりますよね。

とは言え、目元のシワにはアイクリームが必須なのか?
肌全体に使えるものはないのか?について調べてみましたので参考にしてください。

目元のシワにアイクリームがおすすめの理由

目は、瞬きをすることが多いので、
わりとダメージを感じています。

その上、目の周辺は水分や油分の両方が不足しがちな部位なのでシワができやすい。

他の皮膚と比較してみても皮膚が薄くデリケートなことも重なってシワが出来やすいのです。

また、女性は目力をアップさせる為、キレイに見える為にアイメイクに力を入れますが、
それは引き換えに目元にかなり負担をかけているんですね。

アイメイクを落とすためにクレンジングしますが、
このクレンジングも肌にダメージを与えないように優しく丁寧に、またキレイに落とさないと目元のシワの原因にもなり兼ねません。

以上の事を踏まえると、目元がデリケートなことからアイクリームには保湿力をアップする成分、バリア機能をアップする成分が
たっぷりと入っているのです。

アイクリームに含まれている成分を挙げれば、
セラミド、ヒアルロン酸といったものが多く、
目元を保湿し、ハリを与えてくれるのでシワの予防・改善になるのです。

他の部分に使用するクリームよりもこっくりとしたテクスチャーで目元に定着しやすい。
また、肌にハリを与えるもの、保湿力があるものを配合しているものが多いため
目元のシワにはアイクリームがおすすめなんです。

目元ケアと肌全体に使えるものはないの?

目元専用のアイクリームだと肌全体に使うのではなく部分的なケアとなるのでコスパ面で負担になります。

そこで、肌全体に使えるものはないかな?と考えてしまいます。

実は、配合成分も満足の肌全体に使える美容液があったんです!

その名も「ビューティーオープナー」という美容液です。

正確には導入美容液で化粧水の前に使うケア商品です。

ビューティーオープナーの優れた点は、美容界で注目の美肌成分「卵殻膜エキス」が高濃度配合されていて、
栄養が半端ないくらい含まれているのです。

注目の「卵殻膜エキス」がこのビューティーオープナーの最大のポイント。

鶏の卵の殻由来の成分で、人の皮膚や髪と同じような構造を持っているのです。

肌の潤いの元となる、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という
真皮成分を生成する繊維芽細胞をアップし、Ⅲ型コラーゲンの働きを助けてくれる働きを持っている優れもの。

肌全体に使うものですが、もちろん目元にも使える美容液。

このビューティーオープナーが1つあるだけで顔全体のケアが出来る。

保湿力が抜群で弾力やハリも取り戻すことが出来るので、目元のシワにも効果が期待できます。

目元のシワにはアイクリームが良いと言われていますが、
ビューティーオープナーだったら肌全体に使うことが出来て、
わざわざケアを分けなくていいので、面倒くさくなく便利。

ゆっくり肌のケアが出来ない、時間が取れないという女性には嬉しいアンチエイジング商品です。

>>ビューティーオープナーの衝撃!口コミの真実

目元って老けて見られるから必ず労わって!

目元は皮膚が薄くてデリケート。
そして、良く皮膚が動くところなのでシワが形状記憶しやすいところ。

皮膚が薄いので保水力がない為、毎日の保湿ケアが重要となります。

目元にシワがある人、たるみでシワになっている女性を見たとき老けてるなって思いませんか?

皆に見られる部分で、顔の中でも注目される部位なので良くも悪くも印象付けされる場所です。

年齢と共にたるみやシワが出来るのは仕方がないのですが、年相応、老けて見られるのは女性として悲しい現実。

少しでも若く見えた方がモチベーションも上がるし、日常生活も楽しく送れる。

目元のシワにファンデーションが入り込んで筋になるほど見た目に残念なことはありません。

なので、目元のケアは面倒でもきちんと行いましょう。

アイクリームを必ず使わなくて、せめて「保湿」は忘れずに!