目の下 たるみ,ビューティーオープナー

目の下のたるみ、あなたは気になっていませんか?

若い時はこの目の下のたるみ、なかったはずなのに…と嘆いている方も多いはずです。

目の下のたるみは、どうしても老けてみせてしまいますよね。

目の下のたるみは顔の中でも特に気になる点で、人にも見られるところです。
なので、原因と改善方法を調べてまとめたので情報公開します!

目の下のたるみは、次のようなことが原因で起きてしまいます。

紫外線を浴びたことが原因

紫外線は美肌の敵!というくらい、様々な肌の悩みを生んでしまう原因になります。

紫外線A波は、肌の弾力を奪ってしまいたるませます。

コラーゲンやエラスチンの生成を行う繊維芽細胞にダメージを与え肌から弾力をなくしてしまうので、目の下のたるみも起こります。

紫外線B波は、浴びることで極端に肌の乾燥を進めてしまうので目の下のハリを奪ってしまいます。

肌のバリア機能を破壊して表皮全体の水分をキープする力もなくなってしまいますので、ますます目の下の乾燥はすすみ、
目の下のたるみへと繋がってしまいます。

パソコンなどの使い過ぎで目を酷使し疲労したことが原因

近年、仕事でもプライベートでもパソコンやスマホを使う方はどんどん増えていますよね。

便利なものではありますが、これは目にとってはあまり良いものでないんです。

長い時間使うと目を酷使してしまいとても疲れてしまいます。

この目の疲れ(眼精疲労)を感じている方は急増しております。

目の疲労がたまってしまうと、目の周辺の筋肉が硬くなり目元全体の血流が悪くなりますので、老廃物が蓄積します。

そうすると、下まぶたの皮膚の代謝を悪くしますので目の下のたるみもますますひどくなってしまいます。

また、目の酷使は活性酸素が発生してしまい血液が濁りやすくなることもあり、これが原因でたるみになってしまっています。

怖いーー。

眼球を保護する脂肪が飛び出ることが原因

加齢で眼球を支えていた靭帯がゆるみ、眼球の位置が下がります。

そうなると眼球の下にある眼窩脂肪が前に押し出されて、下まぶたにたるみのような袋を作ってしまいます。

以上のように目の下のたるみの原因は様々あります。
全ては日常生活を送る上で目を酷使してる事がよく分かります。

どれも当てはまりそうなものばかりですよね。

では、どのようにして改善すれば良いのでしょうか?

目の下 たるみを改善するためには?

目の下 たるみ,ビューティーオープナー

まずは、紫外線をとことん予防するようにしましょう。

今までどのくらいの紫外線予防を行っていたかは、かなり個人差があると思います。

外出時に日焼け止めを欠かさず塗っていたという方は家にいる時はどうでしたか?

紫外線は、ガラスも通して家の中にいる人も浴びるので、今日は外出しないから…という日も朝から日焼け止めを塗るようにしましょう。

外出する際は日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、日傘をさすようにしましょう。
できればサングラスや眼鏡などUVカットするものを着用することもしてください。目からも紫外線は入ってきますので!

帽子を被ったのであれば日傘は良いかなと思う方もいますが念には念をいれることをおすすめします。

次に、正しいマッサージならば効果があると思いますが自己流のマッサージをすることはやめましょう。

ただ単にそのマッサージが肌の刺激になっていて逆効果ということもありますので控えた方が良いかもしれません。
眉頭のすぐ下にくぼみがありますが、ここを親指で指圧するとスッキリしますよ。この方法は大丈夫です^^

次はスキンケアに関してです。

現在お使いのスキンケアアイテムは肌に弾力アップ効果などがあるものでしょうか?

もし「目の下のたるみにあまり効果がない」と感じているケア商品を使っているのであれば、思い切ってスキンケアアイテムを見直してみるのも良いですね。

肌トラブルの敵となる乾燥には効果があるのか?というのも大事なチェックポイントです。

使うことで

・肌をしっかりと保湿する
・肌にハリや弾力を再び与えてくれる

要は、保湿力があってアンチエイジング系のスキンケアに変えてみると、今までのスキンケアって何だったんだ?と気づいてもらえると思います。

スキンケアはずっと同じものを使っても効果を感じなくなります。
それは年齢と共に肌環境が変わるからです。

乾燥肌ではなかった人が乾燥しやすい肌になったり、いきなり軽くアトピーが発症したりすることもあります。
また、年齢と共に肌は確実に老化し、表情筋の低下、コラーゲン減少で確実に肌がたるみやすくなります。

なので、その年齢と今の肌環境に合ったスキンケアに見直すのは、とても重要な事なのです。

特に目元は、人間の皮膚の中でも薄い部分です。
刺激を受けやすく繊細な場所でもあるし、瞬きの度に周りの皮膚が動きます。
目元専用のクリームが販売されているのは、こういった皮膚の特徴にも表れています。

目の下のたるみに関するまとめ

目の下のたるみは、年齢を感じさせやすいので自分の目の下のたるみの原因を確認し、改善出来るようにしましょう。

・紫外線対策をしっかりとする!(日焼け止め、日傘、帽子、眼鏡やサングラスでUVカット)
・目元のマッサージは正しい方法を取り入れる
・アンチエイジング系、保湿系のスキンケアに変える(目元専用クリームを取り入れるのもOK)

原因は、紫外線と加齢によるものがほとんどです。
紫外線対策は誰でもできることで、「ちょっとだけならいいか」という油断は禁物です。
”ちょっとだけ日焼け”っていうのがあるくらいですから、洗濯物を干すだけでもUVケアは必須です。

加齢はどうしようもないと言ってしまえば対策なしになってしまいますが、何もしなければ老化の一途をたどります。
しかし、気づいたときにケアを始めれば予防と改善は出来ます。

特にずっとスキンケアを見直してこなかったのなら、目の下のたるみを機に一度見直してみてはいかがでしょう?
アンチエイジング系、保湿がしっかりできるスキンケアに変えてみるか、目元クリームを取り入れてみるか…
自分に合ったケア方法をじっくり考えてみましょう。