みかん肌の治し方はどんな方法があるのでしょうか?

毛穴が開いていたり、デコボコになっている肌のことを
みかん肌と言います。

確かにみかんの皮の表面と似ていますよね?

実際にみかん肌になってしまったら
簡単には治らないとは思うのですが、
少しでも滑らかな肌になれるのであれば
何とかしたいものです。

みかん肌になってしまう原因

みかん肌になってしまう原因は、
複数あります。

自分のみかん肌の原因はどれに当てはまるのか
まずはチェックしてみましょう。

・ニキビ跡

ニキビが出来てしまった時に、
適切なケアをして治さないと
後々みかん肌になってしまうことが多いです。

強引な洗顔などを繰り返してしまうと
余計な皮脂が奪われてしまい、
逆にニキビはひどくなりますし、跡も残ります。

・毛穴の開き

毛穴の開きは、一番みかん肌の原因になりやすいです。

肌が乾燥して毛穴が開いてしまうと、
古い角質や汚れが毛穴に蓄積してしまい、目立つようになります。

しっかりとスキンケアで毛穴対策をしないと、
どんどん毛穴に汚れが詰まりやすくなるので、
みかん肌になってしまいます。

・肌の乾燥やたるみ

もともと肌は自ら潤うようになっています。

しかし、ひどい乾燥肌になってしまうと
その力はなくなってしまい、カサカサになります。

そうなると、毛穴は開いて目立つようになります。

そして、肌からハリも奪われてしまいますので、
たるみも出て来てしまいます。

そして、結果みかん肌になってしまうんです。

みかん肌の治し方

一度みかん肌になってしまうと、
完治することは難しいです。

しかし、目立たないように滑らかな肌にすることは出来ます。

・スキンケアを正しく行う

自分の肌に合っているスキンケア用品を使い、
毎日正しく行うことが大事です。

洗顔はしっかりと泡立てた泡洗顔を行い、
決してごしごしと強引に洗うようなことはしてはいけません。

刺激を与えてしまうと、肌はダメージを受けてしまいます。

そして、肌の乾燥が一番良くありませんので、
しっかりと十分に保湿してくれる化粧水を選び、
丁寧に肌に馴染ませましょう。

それだけでは水分が蒸発しやすいので、
最後に乳液かクリームでしっかりと蓋をするようにし、
保湿ケアを十分に行いましょう。

・肌のターンオーバーを改善する

ターンオーバーは、およそ28日周期で行われます。

外部の埃や菌の侵入を予防し、
必要以上に水分が蒸発するのも防いでくれます。

しかし、このターンオーバーが乱れてしまうと、
肌の状態が悪くなり、みかん肌になりやすくなります。

規則正しい生活をするようにし、
しっかりと睡眠を取り、栄養バランスの良い食生活を
心掛けることが大事です。

・皮膚科や美容皮膚科などで治療をする

みかん肌の治し方としては、
レーザーを用いて治療をしてくれることが多いです。

適切な方法ではありますが、
どうしても料金が高額になってしまうこともあります。

・自宅でピーリングする

ピーリングは、天然由来の成分や化学薬品を用いて
古くなった角質を取り除くことです。

エステや美容クリニックなどでも行えますが、
5,000円から数万円かかることもあります。

市販品を用いて、自宅で低価格で行うことも出来ます。

エステなどとは異なり、低刺激の市販品なので
効果が出るまで時間がかかりますが、
肌にダメージもかかりにくいです。

洗顔料などにピーリング効果があるものもあり、
手軽に行うことが出来る場合もありますが、
いずれもやりすぎは肌に良くありませんので、
適度に行うようにしましょう。

古い角質などが原因で肌が厚くなっていても
ピーリングを行うことで滑らかな肌になっていきます。

みかん肌の治し方をご紹介しました。

肌の保湿とピーリングを行うことで
みかん肌を滑らかな肌にすることが出来ることがわかりました。

現在、みかん肌でお悩みの方は、
ぜひ試してみて下さいね。