ノーファンデにしている40代もいると聞きつけ
本当に?と思ったのは私だけではないはず。

なんとなくのイメージとして、
ノーファンデってことは汚肌を隠せない、シミを隠せないってことです。

ある程度の年齢になるとメイク無しではムリ!と思ってしまいます。

なのに…年齢に限ることなく、
ノーファンデは行うことが出来るようなのです。

ちょっと調べてみたので、40代からのノーファンデに興味のある方は読み進めてください。

40代でノーファンデに!

40代というと、主婦の方もバリバリ働くキャリアウーマンでも
メイクはわりとしっかりしている、
というイメージを抱きがちです。

それは、急激に30代後半になると肌の衰えが気になるようになり、
40代に入るとそれが顕著に表れやすくなり、
どうしてもファンデが濃くなり、シミやそばかすなどを
カバーしようとしてしまうからです。

確かに、ファンデを塗ると気になる部分はカバーされたように
見えるのかもしれません。

しかし、ただただファンデが濃くなっているだけで、
すごく塗っている感がするとか、
おばちゃんメイクになってしまっている、
ということはないでしょうか?

必ずしも、ファンデを使えば
40代の肌でもどうにかなる、ということではありません。

その反対で、40代でもノーファンデで、
美肌に見せることが出来るかもしれません。

それは、どんな方法なのでしょうか?

40代でもノーファンデで綺麗に見せる!

40代でノーファンデで過ごすためには、
日々のスキンケアを手抜きしてはいけません。

もともと乾燥肌だった方は、
40代に入るとさらに乾燥がひどくなることがあるので、
保湿に力を入れなくてはいけません。

洗顔の時に使っている洗顔フォームなども
洗浄力が高すぎるものを使っていると、
肌の皮脂が奪われてしまい、カサカサになりますので、
石鹸などで優しく泡洗顔するのがおすすめです。

化粧水は優しく馴染ませるようにし、
その後にしっかりと乳液やクリームで蓋をします。

化粧水だけでは、水分が蒸発してしまうので、
乳液かクリームなどは必ず馴染ませます。

そして、下地もしっかりと選びましょう。

どうしても、40代ともなれば、
シミやくすみなどといった悩みは
誰でも多少はあるはずです。

ノーファンデということは、ファンデを塗りたくって
これらを隠すことは出来ないのですが、
下地でカバーすることは出来ます。

くすみを隠したい時、赤みを隠したい時、
というように、自分の肌悩みに合わせた下地を選べば、
ノーファンデでもカバーすることが出来ます。

最後には、しっかりとパウダーをすれば、
肌のテカテカの予防にもなります。

ノーファンデで心配なのは紫外線ですが、
40代以上になると、特に影響を受けてしまい、
シミなどが増えてしまいます。

日焼け止めが配合されている下地を使ったり、
別で日焼け止めを使用するようにします。

肌の保湿と紫外線対策をしっかりと行えば、
40代でもノーファンデで過ごすことは出来ますよ。

スキンケアは手抜き出来ませんが、
ノーファンデで楽に美肌を目指すことも出来ますので、
40代でノーファンデをしてみようと思った方も
まだあきらめなくて良いですよ!

【関連】肌を長時間保湿する導入美容液☆リアルな口コミ